デュンケル<Dunkel>

黒あるいは焦褐色のラガービール。

口に含むとへレスよりモルトの香りが強く、しっとりとした味わい。 1950年まではへレスより多く飲まれていた。アルコール分は5.0~5.6%で下面発酵ビール。 かつてビールは黒かった。 昔は、火力の調節の難しい薪の火で麦芽をあぶっていたため、どうしても麦芽の色が濃くなり、その結果ビールの色も黒っぽくなった。 それゆえチェコで生まれた黄金色のビールが、ピルスナーの名で一大センセーションを巻き起こした。 ドイツでは、色の明るいビールは1870年代以降徐に普及していった。つまり、ビールの長い歴史を通してみると、 黒ビールが主役の時代が圧倒的に長かった。 (しかし、現在はピルスが主流)

 

 

ドイツビールのおすすめのSHOP

おすすめの人気ドイツビール,ご購入はこちらでご紹介。

logoshop

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ