ビールの注ぎ方

始めはゆるやかに、次第に勢いよく、泡ができはじめたら、再びゆるやかに注ぐのがコツ。 グラスへのつぎたしは、 前のビールと混じりあうので禁物。

注ぎ方は以下のような注ぎ方がある

  1. グラスをまっすぐに立てる。
  2. 最初はゆっくり注いでいって、シャウムクローネ(Schaumkrone)と呼ばれる盛り上がったビールの泡が立つように注ぐ。
  3. 泡立ちを確かめたら勢い良く注いでいき、泡がグラスのふちをこえそうになったらそこでとめる。
  4. 泡が静まるのを待つ。
  5. 泡が半分くらいになるまで待つ。
  6. ゆっくりとビールを注ぎたす。グラスの上端より1センチほど泡が盛り上がるまで継ぐ。

 

  1. グラスを斜めに傾ける。
  2. 2/3ほどまでゆっくり注ぐ。
  3. グラスを立て、少し高い位置から泡立てるようにゆっくり注ぐ。
  4. ビンの底1cmくらい残して、たまった酵母を、ビンを振って混ぜる。
  5. 振った酵母を注ぎ、酵母でにごらせる。

 

  1. グラスをビール瓶の下斜めに傾けビールを一気にグラス半分まで注ぐ。
  2. グラスに半分ビールが注がれた時点ではまだ泡が立っていない状態なので、 そこで今度はグラスを瓶の下垂直に保ちグラスの8割くらいの線まで注ぎぐ。
  3. グラスをビール瓶またはビールの注ぎ口に対し垂直に保っていれば当然ビールの泡が形成される。
  4. またその時グラスに泡が盛り上がってくることを予め計算して注ぐ必要がある。

いずれも、ビールの種類、グラスの形状によっても泡が違う。
ピルスの場合、注いではグラスを垂直に立てることを数回繰り返し、美しいシャウムクローネを作り上げる。
アルトやケルッシュは発泡力が弱いので一度にグラスに注ぐ。
ヴァイツェンはゆっくり注がないとグラスの中が泡ばかりになってしまうので注意すること。

 

ドイツビールのおすすめのSHOP

おすすめの人気ドイツビール,ご購入はこちらでご紹介。

logoshop

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ